ファクタリングでキャッシュフローを改善する

subpage1

「ファクタリング」という言葉を聞いたことがないという経営者の方は、一度しっかりとした情報収集をすることをおすすめします。

特に「掛け売り」が多い企業の場合、商品の移動があっても実際に現金が入ってくるのは数か月先ということになってくると「必要な時に資金がない」という状況に陥りやすくなり、経営状況の悪化の原因となってしまう可能性もあります。

即日のファクタリングの最新情報が知りたい方にはこちらです。

そんな時にこそ「ファクタリング」を利用することでキャッシュフローを改善し、常に現金余力のある企業経営を行えるようになります。

ファクタリングとは、簡単に言うと「売掛金を期日前に現金化できる仕組み」です。



取り扱い企業に債権を譲渡することによって、売掛金や手形などをすぐに現金化することが出来ます。
多くの取り扱い企業が倒産時の回収リスクなども負ってくれるため、万が一譲渡した企業が倒産してしまったという場合であっても利用者が金銭的負担を強いられるということもなく安心です。ただし、必要な時にだけ利用して必要のない時には利用しないという方法は出来ず、一定期間(半年〜一年など)は継続して利用することが必要になります。

また、債権一件につき数%の手数料が発生してくるため、実質的には満額を回収するという形にはならない点に注意が必要です。



しかし、すぐに現金による回収が出来るということは非常にメリットが大きく、倒産リスクに対してのマネジメントも出来るという点を考えると非常に価値のある仕組みだと言えます。