ファクタリングについての基礎知識

subpage1

企業は消費者や顧客に対して商品やサービスを提供し、その代金を支払ってもらうことによって経営を成り立たせています。

商品やサービスの代金というものは必ずしもその場で支払われると決まっているのではなく、一定の期間の後に後払いというかたちで代金が支払われるケースは多くあります。このような商品やサービスを提供したにもかかわらず、依然として支払われてはいない代金のことを売掛債権といいます。

ファクタリングについて悩んでいませんか。

このような売掛債権を保有している企業は、その債権の回収のために人員や労力が必要になってきますが、消費者や顧客の中には賞品の購入やサービスの提供を受けたにもかかわらず何かと理由をつけて代金を支払わないというケースも多くあり、なかなか回収できない売掛債権の存在は企業にとって非常に頭の痛い問題となっています。そこで売掛債権を保有している企業から債権を買取り、その債権の回収を専門的に行っている金融サービスとして、ファクタリングというものがあります。



クライアントである企業はファクタリング業者に対して手数料を支払い、売掛債権を売却することになりますが、ファクタリングの業者はあらかじめ定められている債権の回収期日に売掛金を回収することになります。

このようにファクタリングを利用することによって企業側は期日前に債権を現金化することができ、売掛金の回収に必要な人員や労力を省くことが可能になります。
また、売掛金の回収を自社で行わずに済むため、事務処理の効率化が図れるというメリットもあります。