沖縄と大阪を往復するなら関西空港利用

大阪から沖縄へ行く場合、当然飛行機に乗る必要があります。

大阪には2つの空港がありますが、伊丹空港と関西空港では就航している航空会社が異なり、もし旅行費用を抑えたいのであれば、関西空港を利用することになります。格安航空会社は現在のところ、関西空港にしか就航しておらず、伊丹空港にはJALとANAの2社が運航しています。移動費を抑えることは旅行費用を大きく削減することにつながりますので、検討すべき項目です。大阪と沖縄を結ぶフライトも複数の航空会社が運行していますので価格やサービスで比較検討できます。

関西空港は大阪の南、和歌山の近くに位置しています。都心部から距離がありますので、移動の際には時間に余裕を持って行動することをおすすめします。関西空港は24時間空港ですので、格安航空会社は早朝や深夜を含めて発着しています。格安航空会社を利用すれば、往復で大人1万円前後でチケットを購入することが出来ます。

もちろんセールを狙えば1万円を切る価格で沖縄を往復することも可能になってきます。しかし、もし深夜の発着で公共交通機関が終了してしまった場合、バスやタクシーを使うことになりますので、終電の時間も気を付けておくとよいでしょう。格安航空会社は遅延をした場合の補償もフルサービスキャリアと同じようには用意していませんので、自宅が空港から距離がある場合には利用するフライトの時間帯にも気を付けておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *