大阪と沖縄への移動は事実上飛行機しか

大阪から沖縄へ移動するには現在は飛行機しか選択肢はありません。

かつては南港からフェリーがありましたが、旅客は廃止されて貨物専用になりました。飛行機の移動では大阪の空港は関西空港または伊丹空港、沖縄側の空港は本島の那覇か、石垣島のある石垣のどちらかとなります。なおこの2地点間の飛行機自体の移動時間はどちらも約2時間程度です。大阪から沖縄への飛行機の回数は航空会社を選ばなければ、関西空港から那覇へは1日で片道約12本くらいが運行されています。また関西空港から石垣島へは3本くらいです。従ってそれ以外の島へ行くにはどちらかで乗り換えなければなりません。

空港がある離島へは大半は那覇から発着しています。ただし島によっては毎日運行ではなくて、週に何回かといった具合のところもありますので時刻表を見て注意しないとなりません。もう1つ注意しないとならないのは、大阪から沖縄へ行く飛行機は複数の会社が参入していますが、運賃の幅がありすぎます。運賃は最安値で5000円くらいもあれば、最高値で4万円台のところもあります。

しかもこれはシーズンや曜日などによって同じ航空会社でも大幅変動するので、常に動向のチェックを怠らないようにしないとなりません。この運賃で最安値をたたき出してるのはLCCと呼ばれる格安航空会社の存在ですが、これらの格安会社では予約は基本インターネットで、支払いはクレジットカードです。さらに手荷物手数料がとられたり、遅延しても払い戻しなどありませんので注意しないとなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *