海外ツアーの受託手荷物

海外ツアーにはスーツケースなどの大きな荷物をチェックインカウンターで預けることになります。

ここでちょっとしたコツというか、裏技的な手法がありますので紹介しましょう。ちなみに海外ツアーだけでなく国内ツアーでも使えます。なお、航空会社のホームページを見れば書いてあるような、個数の制限、大きさや重さの制限をクリアしておくのは当然のことで、それすらも守られていないような荷物に対してここに挙げたようなお願いをするのは本末転倒ですから注意しましょう。スーツケースというのはとかく手荒い取り扱いをされがちです。

自分のスーツケースが傷んでも別に構わないという人はいないでしょう。できるだけ慎重に取り扱って欲しいと誰でも思うはずです。その際に使えるコツですが、やり方は簡単で、チェックインカウンターで、壊れやすいものが入っていますので取り扱い注意でお願いしますというだけです。本当に壊れて困るような貴重品ではいけないのですが、たとえばお土産になりそうな陶器でもなんでも、内容は特に関係なく、ただそのように申し出ればよいのです。

それだけで、こわれ物注意といったシールが貼られるはずで、ある程度は慎重な取り扱いが期待できます。もう一つ、到着空港ではできるだけ早くスーツケースを引き取りたいと誰しも思うでしょう。これも簡単で、急いでいるのでできるだけ早く引き取りたいとお願いするだけです。これも、おそらくその旨のシールが貼られることになるはずです。どちらも極めて簡単で、ただお願いするだけで扱いが他と変わってくるのですから、お願いしない手はありません。
かにツアーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *