海外ツアーでのロストバゲージを避けるために

海外ツアーではスーツケースなどの大きな荷物はチェックインの際に受託手荷物として預けます。

そして到着空港で引き取るわけですが、稀に、到着空港で自分の荷物が出てこない、ロストバゲージになってしまうことがあります。それを避けるためにはどういうことに気を付ければよいのかを紹介しましょう。もちろん、これを守っていれば100%防げるというようなものでもありませんが、可能性を少なくすることはできます。なお、海外ツアーだけでなく国内ツアーの場合はそもそもの可能性も低いですが、注意点としては基本的に同じです。まず、ぎりぎりのチェックインを避けましょう。

人と同じく、スーツケースもその飛行機に乗せるためには手続きが必要です。もちろん人がチェックインできる時間はスーツケースもその飛行機に乗せられる時間として設定はされているのですが、余裕がないのはトラブルに弱いです。人は間に合っても荷物は間に合わないということが発生しやすくなります。

どこに行ったか分からないのではなく、単に積み残しです。最近ではどの航空会社も荷物の処理をバーコードで管理しています。ということで、以前のツアーの際のバーコードが貼られたままになっていないでしょうか。旅の思い出として貼ったままにしている人もいますが、これこそ荷物がどこか思わぬところへ行ってしまう原因の一つです。以前のバーコードは剥がしておきましょう。もちろんチェックイン時のバーコードのみならず、まったく何の関係もない別のバーコードについても同様です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *